背骨のレントゲbん写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

痛みのコントロール

症状に悩むようになったら専門のクリニックへ乳がんについて相談しておこう。色んな治療方法があるので相談しておこう。

腰部脊柱管狭窄症・回復に携わる人々

背骨の形状

腰部脊柱管狭窄症は、生まれつきによる先天性と加齢や病気等が原因となる後天性の二つに分けられます。どちらの場合でも下肢に痛みや痺れの症状がおこります。 腰部脊柱管狭窄症の診断や手術等は基本的に整形外科が担当し、その後の運動機能回復にはリハビリテーション科等がその任にあたります。 腰部脊柱管狭窄症の治療法として挙げられるのが、鎮痛剤等を用いての保存治療がおこなわれ痛みのコントロールを図ります。痛みの度合いが強い場合には、神経ブロック等の処置が行われます。保存治療では腰部脊柱管狭窄症に対処できない場合には、手術処置を行い疾患の症状回復を図ります。手術の後、経過をみながらリハビリテーション科による機能回復が行われます。

腰部脊柱管狭窄症の場合のコルセット

腰部脊柱管狭窄症は、背骨を形成する椎骨のうち腰部の椎骨の内部にある脊柱管という神経の通り道が、何らかの原因によって狭くなることによって様々な神経症状が出現するという病気です。 腰部脊柱管狭窄症の症状としては、代表的な物として間欠性跛行といって歩いているうちに足の痛みや痺れなどがだんだん増していき、歩けなくなってしまうという症状が現れます。しかしこういった痛みや痺れは少し休むだけで消えてしまい、このような腰部脊柱管狭窄症の症状は、神経が圧迫されている時のみに起こるのです。 腰部脊柱管狭窄症は特に背中を反った時に症状が現れやすいとされています。その為、コルセットを装着して腰が前に来るように調整するだけでも症状が軽減することが多くあります。

特集記事

ホルモンを増やす

腰の骨

女性ホルモンを増やす方法として卵胞ホルモンを摂取するという方法があります。医薬品なため服用する時は注意が必要ですが、中にはサプリメントなどの健康食品で増やすことが出来る場合もあります。

More...

シルバーカー

腰を抑える女性

腰部脊柱管狭窄症は腰に痛みが発生してしまう病気となっています。年齢を重ねることでこの病気に掛かりやすくなってしまいます。もし、掛かってしまった場合には、身体に負担をかけないように生活しましょう。

More...

NK細胞療法

腰を気にする男性

がんに掛かってしまうことで、生命の危機にさらされてしまいます。特に、女性は乳がんにかかりやすいので注意しましょう。しかし、最近ではNK細胞療法のお陰で効果的な治療を行なえるようになりました。

More...